今、世界で日本酒人気が高まっていると言われています。実際に輸出量はこの10年でほぼ倍となっており、国税庁が2014年2月19日に発表した「平成25年 酒類の輸出動向について」によると、平成25年の酒類の輸出金額は約251億円、その内日本酒は105億2,400万円を占めるまでになっています(前年比17.6%増)。

清酒の相手国別輸出実績の推移(数量) 日本酒酒造組合中央会Webサイトより
https://www.japansake.or.jp/sake/about/data/01.html

とうとう輸出総額が100億円を突破した日本酒。但し、「各国を代表する酒の輸出額(2011年)」では、フランス(ワイン)7740億円、イギリス(スコッチウイスキー)5150億円であることを考えると、ゴールはまだまだ先のこと。しかし、世界のワイン消費量が約2,400万Klであることを考えると、日本酒の輸出を拡大する余地はまだまだありそうです。

そこで当会では、主に海外在住のFBO認定会員の方々にご協力頂き、どんな国(都市)で、どんな人が、どんな日本酒を、どのように楽しんでいるのか、また今後どのような日本酒を、どのようにサービス、セールスすべきなのかをテーマにした各国の生の声が反映されたレポートの連載を開始致します。

第3回韓国 ~隣の国、韓国における日本酒事情~

第2回台湾 ~ここは日本!?親日台湾における日本酒人気~

第1回シンガポール 〜シンガポールは日本酒天国!〜