クニちゃん
お正月にいただくお屠蘇って、体にいいと聞きましたが、どんなものが入っているんですか?


酒仙人
昔から、元旦に家族一同がそろって屠蘇を飲むことで、無病息災、延命長寿を願う慣わしがあるのぉ。これは中国の唐の時代に始まったもので、日本には9世紀頃に宮中の元旦行事として受け入れられ、その後、庶民へ広まったとのじゃ。かれこれ1000年以上も続いておることになるな。

屠蘇は、数種類の生薬を配合した屠蘇散を日本酒もしくはみりんに浸して作られるのじゃ。具体的には山椒、肉桂、防風、白朮(びゃくじゅつ。オケラとも言う)、細辛、乾薑(生姜の根を干したもの)、桔梗、小豆など薬効の高い生薬を酒に調合したもので、病気への抵抗力をつけるとされておるぞよ。

近年では、屠蘇の風習を理解している人が少ないことや、屠蘇の生薬の独特な香りが苦手という人が多いことから、屠蘇を飲む家庭が減って、日本酒などの一般的な酒類で乾杯をする家庭が増えてきたようじゃな。しかし、屠蘇をいただくのは大切な風習でもあるから、来年のお正月は、無病息災、延命長寿を願って、屠蘇で乾杯してみてはどうじゃろ。

ちなみに、屠蘇は日本酒と本みりん、屠蘇散があれば簡単に作ることができるぞ。屠蘇散はスーパーや薬局で売っておる。大晦日の晩に屠蘇散を浸け始めれば、約8時間後の元日の朝にはちょうどよく出来上がっておるから、クニちゃんも、ぜひ試してみんしゃい。

元旦にお屠蘇をいただくと、気持ちも新たに

《参考文献》『灘の蔵元三百年 国酒・日本酒の謎に迫る』 著:西村 隆治
<参考URL>語源由来辞典 http://gogen-allguide.com/to/toso.html
日本名門酒会 お酒の歳時記 http://www.meimonshu.jp/modules/xfsection/article.php?articleid=379


【注意】

・記事、データ等の著作権その他一切の権利はNPO法人FBOに帰属します。

・記事・データ等の正確性については万全を期しておりますが、当該記事・データ等の利用により生じた不利益や問題等について当会は責任を負うものではありません。

・記事・データ等は予告なく変更する場合がありますのでご了承ください。