クニちゃん
ビールの美味しい季節ですね。「ビールの日」があるんですって?


酒仙人
そうなんじゃよ。気温もグングン上がって、アウトドアで緑風に吹かれながら飲むビールは格別じゃのぉ〜。
そんな季節真っただ中の4月23日は、「ビール(地ビール/クラフトビール)の日」なのじゃ! 1999年に日本地ビール協会を中心とする「地ビールの日選考委員会」が、「ビール(地ビール/クラフトビール)の日」を公募した結果、4月23日に決まったのじゃよ。

なぜ4月23日に決まったのかって? それはのぉ、ドイツの「ビール純粋令」が発令されたのが4月23日で、その日はドイツの「ビールの日」でもあるからなのじゃ。

ビール純粋令は「ビールは大麦麦芽、ホップ、水だけで造られた物と定義し、副原料や添加物の使用は一切禁止」という内容で、ドイツ・バイエルンのヴィルフェルム4世が1516年4月23日に発令したといわれておるぞよ。

この発令には、「ビール製造業者の不正取り締まり」と「パンの原料である小麦の不足対策」の2つの目的があったそうじゃ。第一次世界大戦後の1919年、ワイマール憲法を制定した時に「ビール純粋令」はドイツの国法となり、現在でも守られ続けておるんじゃと。さすが、ビールの国、ドイツじゃのぉ〜。

現在、日本ではいろんなビールを飲むことができるから、飲み比べが楽しみじゃな。世界中からバラエティー豊かなビールが輸入されておるのはもちろんじゃが、日本各地でも多種多様なビールが造られておるぞよ。

皆の衆も、4月23日はぜひ、地ビール(クラフトビール)で乾杯といたそう!

参考 日本地ビール協会 公式ホームページ http://beertaster.org/anniversary.html


【注意】
・記事、データ等の著作権その他一切の権利はNPO法人FBOに帰属します。
・記事・データ等の正確性については万全を期しておりますが、当該記事・データ等の利用により生じた不利益や問題等について当会は責任を負うものではありません。
・記事・データ等は予告なく変更する場合がありますのでご了承ください。