クニちゃん
杜氏とか蔵人の役割ってよくわからないんで、教えてください!


酒仙人
日本酒を楽しむときには、そういう言葉を知っておると、よりいっそう味わいが深くなるのぉ。では教えてしんぜよう。お酒を造る人々を蔵人というのじゃが、その蔵人をまとめる人、つまり、その蔵人達の長を「杜氏(とじ、またはとうじ)」というんじゃよ。

杜氏は、もともとは刀自(とうじ)と記したんじゃが、これは家事全般を仕切る主婦を指し、働く男を指した刀禰(とじ)の対語であったようじゃな。

かつて酒造りは女性の役目だったんじゃが、産業としての酒造りが主流になる中、力作業が多くなり、男手に代わっていったのじゃよ。また蔵内の風紀を保つためにも、酒造りの現場が「女人禁制」になっていった。そして全国各地にさまざまな流派を持つ杜氏が誕生し、岩手県の南部杜氏、新潟県の越後杜氏、兵庫県の丹波杜氏が三大杜氏と呼ばれるようになったのじゃ。

江戸時代から三大杜氏以外の流派は多数存在しておったのじゃが、解散や統合、オーナーや社員が杜氏を務めるようになったことで、現在、日本酒造杜氏組合連合会に所属するのは19の組合だそうじゃ。ただし、本組合に所属していない杜氏集団も存在するので、お忘れなきよう!

また、杜氏以外にも当時からの指令伝達や蔵人の指揮を執る「頭」や、麹室の仕事一切を行う「大師」または「麹師」、醪仕込みなどを行う「酛廻」または「酛師」など、いろいろな役職と役割分担があるぞよ。どうじゃな? 日本酒造りもなかなか奥深いじゃろう?

日本酒の原料や作り方、味わいなどを学ぶのも楽しいのじゃが、こういった内部のことも知っておくと、より一層日本酒が好きになりそうじゃな。

杜氏の流派(2017年現在)

参考:『新訂 日本酒の基』『酒仙人直伝 よくわかる日本酒』(NPO法人FBO)、日本酒造杜氏組合連合会 HP

【注意】
・記事、データ等の著作権その他一切の権利はNPO法人FBOに帰属します。

・記事・データ等の正確性については万全を期しておりますが、当該記事・データ等の利用により生じた不利益や問題等について当会は責任を負うものではありません。
・記事・データ等は予告なく変更する場合がありますのでご了承ください