201751日(月)、軍団メンバーでもあり歯科医師でもある早坂美都先生をお招きし、FBOアカデミーにて久しぶりのSake Studyが開催されました。美味しいお酒を楽しむために口腔ケアがどれだけ大切か、そして実際にどのようにケアしたらいいのか、という貴重なお話を伺うことができました。

まず衝撃を受けたのが「歯周病菌は流しのヌルヌルと同じ仲間。口の中に歯周病菌がいる状態で酒を呑むのは、流しのヌルヌルがついた器に酒を注いで呑むようなもの」という早坂先生の一言。

美味しい料理やお酒を末長く楽しむためには、歯を大切にしなくては……と、長い目で歯の健康を考えたことはありますが、今この瞬間に美味しいお酒を楽しむためにも、口腔ケアがいかに大切か、改めて認識させられました。

その後、デンタルフロスやワンタフトブラシ(小さな歯ブラシ)、舌クリーナーなどを使ったケアの実践を学びました。口の中のケアする場所によって、使い方・動かし方が違うので、これがなかなか難しいのです。でも、口腔ケアの重要性を聞いたばかりの参加者は、皆真剣。中には、熱心にやりすぎてむせ返っている参加者もいたほどです。

練習に使ったケア用品はそのままお持ち帰りでき、自宅でも早速役に立っています。

また、口腔ケアの他にも、口の中を酸性にしないこと(お酒を飲むとどうしても酸性になってしまうので、和らぎ水で中性に戻すこと)、歯を噛み締めないことなど、歯と歯肉の健康のため注意すべきことを教えていただきました。

最後の質問コーナーでは、洗口液の効果や、ホワイトニングについてなど数々の質問が飛び出し、盛況でした。