近年の「冷やおろし」の傾向

冷やおろしとは冬場に造られた日本酒を、春、夏を越えて熟成させ、秋口に出荷したものを「冷やおろし」と呼びます。出荷時の目安は、タンク内で貯蔵された日本酒と外気温が同じになる頃。主に9月から11月頃にかけてリリースされます。 通常は2回火入れ(低温加熱殺菌)される日本酒ですが、「冷やおろし」は貯蔵…

>詳細ページへ

「酒造年度(BreweryYear。略称BY)」の本当の意味

日本酒(製造)業界※では、7月1日を初日とし翌6月30日までを「酒造年度」という呼び名で期間区分します。英名ではBrewery Year(ブリュワリーイヤー。略称BY)と呼び、最近では、その表記が日本酒のラベルやボトルに記載されたり、酒販店のPOPや飲食店のメニューでも見られるようになってきました。…

>詳細ページへ

日本酒の新たなトレンド!? 「夏酒」という需要喚起について

近年、「夏酒」などと呼ばれる商品が数多く市場に投入されています。また、夏ならではの新しい飲み方提案も増えてきました。今回は夏季における日本酒の需要喚起の現状について解説します。…

>詳細ページへ

日本酒(清酒)蔵元」は日本一の老舗企業

帝国データバンク特別企画、長寿企業の実態調査(2013年)によると、創業100年以上の長寿企業は全国に約2万6,000社存在し、そのうち日本酒(清酒)製造業が707社と最も多く、日本酒(清酒)蔵元が日本で一番の老舗企業であることが明らかになっています。…

>詳細ページへ

日本酒「製造年月日」の本当の意味

日本酒の「製造年月日」とは、法令(酒類業組合法)で定められたラベルへの必要記載事項になります。食品や飲料に記載される食品衛生法上の「賞味期限」や「消費期限」とは意味合いが異なり、出来上がった日本酒を、瓶に詰めて、出荷できる状態にした日を指しています(日本酒関連の書籍には、瓶に詰めて出荷した日と書かれていることが多いのですが、その日に出荷するとは限りません)。…

>詳細ページへ