器で楽しむ焼酎 -焼酎 楽しむ-


文化の香り溢れる焼酎。焼酎の嗜む器にも様々な文化があります。焼酎を器で楽しみましょう。

お湯が先、焼酎が先、グラスの中でどうなるのか

お湯割りを作るとき、お湯が先か、焼酎が先かで香味も変わってきます。 【お湯が先の場合】 ・酒器にお湯を入れることによりお湯の温度が下がり、熱すぎないお湯割りを作りやすい。 ・焼酎との温度差により対流が良くなる。(混ざりやすくなる。一体化する。*アルコールと水の比重差で対流が良くなるわけではないので注意) ・焼酎の持つ本来の個性が損なわれにくい 【焼酎が先の場合】 ・焼酎の量がコントロールしやすい ・焼酎に熱いお湯が直接当たるので、アルコール分が揮発しやすく、刺激の強いお湯割りになりやすい
詳細ページへ