焼酎の造り方 -焼酎 知る・学ぶ-


本格焼酎、泡盛、甲類焼酎に分けて見ていきましょう。

本格焼酎の造り方

本格焼酎のできるまで 本格焼酎ができるまでをチャートで表しました。まずは全体の流れをつかんでおきましょう。 ※ 1.※ 2.下記参照。 ※ 3.通常蒸留は、沸騰してから2 ~ 3 時間で終了する ※ 4.樽で貯蔵させるものの場合は、数年間熟成させるものもある。 ※ 5.通常は割水後、少なくとも1日以上は置く ※ 1.二次仕込みについて 一次仕込みでできた酒母に主原料を加えます(この主原料で焼酎の種類が決まる)。一次仕込みで酵母を培養し、二次仕込みで本格的な発酵をさせます。 ※ 2.蒸留について 様々なタイプの蒸留機が存在しますが、単式蒸留機が使用されます。さらに常圧蒸留機、減圧蒸留機などがあり...
詳細ページへ

泡盛の造り方

泡盛のできるまで 泡盛ができるまでをチャートで表しました。まずは全体の流れをつかんでおきましょう。 ※1.通常蒸留は、沸騰してから2 ~3 時間で終了する ※2.甕で貯蔵させる古酒(クース)の場合は、数年間熟成させるものもある。また、仕次ぎと呼ばれる独特のブレンド技術も存在する。  ※3.通常は割水後、少なくとも1日以上は置く。 製麹(せいぎく) 基本的にタイ米、中でも破砕した米を使用すること、そして黒麹菌を使用することが特徴です。 上の画像はタイ米、下の画像は黒麹菌に覆われた米です。 仕込み 泡盛は、麹だけで仕込まれるのが特徴です。麹、水、酵母のみで仕込まれるので、全麹仕込みといわれます。 ...
詳細ページへ

甲類焼酎の造り方

甲類焼酎のできるまで 甲類焼酎ができるまでをチャートで表しました。まずは全体の流れをつかんでおきましょう。 原料を発酵させて生まれるもろみを連続式蒸留機によって何回も蒸留を繰り返し、限りなくピュアなアルコールを製造することが最大の特徴です。その後、貯蔵やブレンドなどの工程を経て、味わいのある甲類焼酎になります。 甲類焼酎の原料 甲類焼酎の原料は植物原料のみです。 酒税法の定義にもあるように、発芽させた穀類又は果実(果実を乾燥させ若しくは煮つめたもの又は濃縮させた果汁を含み、なつめやしの実、その他政令で定めるものを除く)は原料として使用できません。 その植物原料のうち、中心になるのがサトウキビで...
詳細ページへ