クニちゃん
焼酎って、九州のイメージだけど、東京でも造ってるってほんとですか?


酒仙人
そうなんじゃよ。皆の衆は焼酎といえばどの地域を思い浮かべるかの? 鹿児島をはじめ、九州地方を思い浮かべる御仁が多いんじゃなかろうか。実はな、焼酎は、生産していない地域もいくつかあるんじゃが、ほぼ日本全国で造られておるのじゃよ。もちろん、焼酎は東京でも造られておるぞよ! ただし、そのほとんどは伊豆諸島で造られておる。

伊豆(東京)諸島の焼酎は、「東京島酒」または「東京島酎」などとも呼ばれておるのじゃ。現在は、伊豆大島、新島、神津島、三宅島、八丈島、青ヶ島の6島で主に乙類焼酎(本格焼酎)が製造されておる。蔵元数は9社で、生産石数は合わせて約3,000石 なのじゃよ。

伊豆諸島での焼酎造りの歴史は、19世紀中頃(江戸時代末期)とされておる。薩摩藩の回漕問屋主の丹宗庄右衛門が1853年に密貿易の罪で八丈島に流刑された際に、さつま芋による焼酎造りを伝授したことが起源じゃ。

伊豆諸島で造られる焼酎は、伝統的には、主原料がさつま芋、麹原料が麦の「芋麦焼酎」が主流じゃったが、近年は、主原料が麦、続いてさつま芋、麹が麦という「麦芋焼酎」が多くなっているようじゃのぉ~。

使われる芋の品種はいろいろで、その味わいも多岐に渡っておる。また、昔ながらの製法で、麹、酵母、原材料、水などを一度で仕込みを終える「どんぶり仕込み」を再現して商品化する蔵元もあったりして、東京島酒はバラエティに富むのじゃ。皆の衆も是非味わってみてはどうじゃな?

ちなみに、8月24日(土)に「東京島酒」をテーマとした本格的にテイスティングを学ぶセミナーがあるのじゃ。興味のある御仁は是非参加してはいかがかな?
詳細はコチラ⇒ https://academy.fbo.or.jp/?p=7191

【注意】
・記事、データ等の著作権その他一切の権利はNPO法人FBOに帰属します。

・記事・データ等の正確性については万全を期しておりますが、当該記事・データ等の利用により生じた不利益や問題等について当会は責任を負うものではありません。
・記事・データ等は予告なく変更する場合がありますのでご了承ください